城メグリスト

萩原さちこのプロフィール

城郭ライター、編集者。小学2年生で城に魅せられる。著書「わくわく城めぐり」(山と渓谷社)「日本100名城めぐりの旅」(学研)「お城へ行こう!」(岩波書店)「図説・戦う城の科学」(サイエンス・アイ新書)ほか。共著、連載多数。メディア・イベント出演、講演、講座のほか、城フェス実行委員長もしています。
城メグ日記は、お城のあれこれから関係ないことまで語る、萩原さちこのblogです。

●詳しいプロフィールはこちら

城メグリストのサイト

城メグリスト

●お仕事実績はこちら

アーカイブ


公明新聞(2013.1.6)に掲載されました

1月6日の公明新聞日曜版の「素顔」という欄で、
インタビュー記事を掲載していただきました。
私という人間はこういうふうに見えて、こういうふうにまとめられるんですねえ。
いやはや、なんとも恥ずかしい部分もあります。

新聞記者の取材スキルの高さがすばらしく、逆インタビューしてしまったのが思い出です。
今年は人前に出るのが得意な人になりたいです。

最近多いのが、「苦労したりうまくいかなかった仕事を教えてください」という質問。
このときも聞かれて「ありません」と即答したことを覚えてます(取材は11月)。
私にとってはちょっと模範解答が予想できないナゾな質問です…そういう発想はないなあ、と。
もちろんすべてがうまくいっているわけはなく、日々人並みには奮闘していると思います。
自信を持ったことなどないし、知識や経験不足、スキルの低さとセンスのなさにはほぼ毎日落ち込むけど、
終わった仕事を振り分けるとき、そういう名前のフォルダはない。
原因と改善策を拾ったら、覚えておく必要のないことは忘れちゃいます。THE楽天家。

すんなりうまくいく仕事なんて誰でもできるし、すでに誰かがやっている。
少なくともモノをつくる仕事なら、苦労しない仕事なんてありえないんじゃないでしょかね。
それを苦労というかは別として。…などと考えたりしたのでした。

求められているのはこういう答えでもないのでしょうね、きっと。