城メグリスト

萩原さちこのプロフィール

城郭ライター、編集者。小学2年生で城に魅せられる。著書「わくわく城めぐり」(山と渓谷社)「日本100名城めぐりの旅」(学研)「お城へ行こう!」(岩波書店)「図説・戦う城の科学」(サイエンス・アイ新書)ほか。共著、連載多数。メディア・イベント出演、講演、講座のほか、城フェス実行委員長もしています。
城メグ日記は、お城のあれこれから関係ないことまで語る、萩原さちこのblogです。

●詳しいプロフィールはこちら

城メグリストのサイト

城メグリスト

●お仕事実績はこちら

アーカイブ


石垣山一夜城へ

かなり伐採されたと聞き、新刊に載せる写真を撮るため石垣山一夜城へ。

こっちが恥ずかしくなるほどの、丸裸っぷりに感無量。

君はこんなにも、見事な総石垣の城だったのか!
あの場所はこんなふうになっていたのか!
かれこれ6度ほど訪れているけども、別の城のようでした。

露わになるとけっこう崩れていたことがわかり、ちょっと心配。
しかしなんにせよ、関東にこれほど天正期の石垣があり、
しかもこんなにも残っているとは言葉にならん。
関東の誇りでしかない。

 

今日はひとり、急遽ふらっと夕方に訪れたのですが、
小田原市のお二方と、「センゴク」の宮下英樹先生&担当編集さんに偶然お会いしてびっくりしました。
宮下先生とは、昨年ご一緒できるはずだった可児市さんのイベントをドタキャンしてご迷惑をおかけして以来。。
まさか井戸曲輪で謝罪するとは思いませんでした。
今年はご一緒できますように。

それにしても、すばらしい石垣たちのいい写真が撮れました。