城メグリスト

萩原さちこのプロフィール

城郭ライター、編集者。小学2年生で城に魅せられる。著書「わくわく城めぐり」(山と渓谷社)「日本100名城めぐりの旅」(学研)「お城へ行こう!」(岩波書店)「図説・戦う城の科学」(サイエンス・アイ新書)ほか。共著、連載多数。メディア・イベント出演、講演、講座のほか、城フェス実行委員長もしています。
城メグ日記は、お城のあれこれから関係ないことまで語る、萩原さちこのblogです。

●詳しいプロフィールはこちら

城メグリストのサイト

城メグリスト

●お仕事実績はこちら

アーカイブ


ゲームさんぽ「城郭ライターと測るSEKIROの城の戦闘力」#2

「ゲームさんぽ」#02が公開されましたー。見てみてね。

編集部の方から、反響が大きいとのご連絡。
うん、私も見ていて楽しい。

編集部の方の話、Twitterやyoutubeのコメント欄はとても参考になるところがあり、
よい経験をさせてもらったなあと思っています。
いろいろな仕事をいただけるのは本当にありがたい。
凝り固まっていてはいけませんな。

ゲームをする人はプレイ自体におもしろさを求めているのだと思っていたけれど、
必ずしもそういう人だけでなく、世界観を楽しむ人も多いのね。
お城と一緒で、いろんな楽しみがあるのねえ。
なんというか、私には無縁なゲームの世界の人々ともつながることができた気がしてうれしかったです。
伝える立場としては、自らシャットアウトしている世界がたくさんあるのだと気づかせてもらった気がします。

 

ちょっと前、髭男のボーカル藤原さんが、
「ウーバーイーツに代表されるように、ユーザーに届く手法や手段が多様化する時代。
似たようなものが簡単に大量に届いてしまうけれど、
どんな経路を辿っても、クオリティの高いものはきちんと届くし選ばれる」
というようなことを言っていたのを思い出しました。。

 

「城に興味が湧いた」「城を見る目が変わった」というYoutubeコメント欄のコメント、うれしいなあ!
しかし、もっともうれしかったのは、
「動画二本見た結論「萩原さんがかわいい」」とコメントしてくれている人がいて、
「いいね」をクリックしてくれた人が現時点で58人もいることだ(笑)!!

ものすごい小さい画像だからだと思うが、うれしい。
実物を見たら訂正されるやつだと思うが、うれしい。
もうかわいいと言われて喜んでいる年齢ではないが、うれしい。

とりあえず年内は上機嫌でいられそうです、わたし。