城メグリスト

萩原さちこのプロフィール

城郭ライター、編集者。小学2年生で城に魅せられる。著書「わくわく城めぐり」(山と渓谷社)「日本100名城めぐりの旅」(学研)「お城へ行こう!」(岩波書店)「図説・戦う城の科学」(サイエンス・アイ新書)ほか。共著、連載多数。メディア・イベント出演、講演、講座のほか、城フェス実行委員長もしています。
城メグ日記は、お城のあれこれから関係ないことまで語る、萩原さちこのblogです。

●詳しいプロフィールはこちら

城メグリストのサイト

城メグリスト

●お仕事実績はこちら

アーカイブ


月刊「武道」で新連載 スタート

心技体 人を育てる総合誌、月刊「武道」。

シブい、実にシブい。

新連載「日本の名城」がはじまりました。巻頭カラー。
加藤理文先生、小和田泰経先生と3人でリレー連載です。

 

お城EXPO2018のトークショー


昨年末のお城EXPO2018。
春風亭昇太師匠とのトークショーのときの写真をいただきました。

客席からはこんなふうに見えるのね〜。
改めて、たくさんのご来城ありがとうございました!

 

机の上に手を乗せないようにと気をつけつつ、にょきっと出てしまいます。
ジェスチャーはどうしても出てしまうので、気をつけるのをやめました。
とくに何かを象っているわけではないので、手には注目しないでください。

 

信長の城を語ってみようといいつつ、タイトルバックは十万寺所在城です。へへ。

 

昇太師匠ファンのみなさまへ。
話題に出た義元様の赤鳥紋、とくとご覧ください。
「お羽織ステキですね」って言いたくなるでしょ。
お着物もドット柄でかわいかったんです。
草履もキュートでした。おしゃれ。

 

キャッスルラーメン

「地方の城近くにあるひなびた商店の片隅で、
企画モノのお土産品としてつくったはいいが半年前から売れ残ってるやつ」
をイメージして制作した〈おいしい!たのしい!キャッスルラーメン とりにく味〉。

どこの天守でもないニセモノ感、端々に見られるダサさ、それっぽいけどナゾなコピー。
いろんな意味でのインチキ感がポイントです。

 

萬平さんがついにラーメンをつくりはじめたたので、カップヌードルミュージアム横浜へ。
随所に百福イズムが感じられてたのしいミュージアムでした。
時間が足りなかった、、、また行きたいな。

安藤百福さんの関連書籍を読み漁るこの頃。
発想は浮世離れしつつ、企業人としての成功の肝を掴んどります。
47歳無一文の安藤百福さんが世界初のインスタントラーメンを発明したのは48歳のとき。
私は発明家ではないけれど、この人のような世の中を見る“目”がほしい。。

 

 

左/「瞬間油熱乾燥法」を目の当たりにし、ちょっと感動。
中/バレンタインまで、期間限定でハート型のチキンラーメンがつくれますよ。
右/出来上がりを見せてくれるスタッフのお兄さんがノリノリで楽しい。
ここのスタッフさん、全員ハキハキしていて清潔感がありとても心地よかった!

 

カップヌードルソフトクリームは衝撃の味でした。。

 

BS11「歴史科学捜査班」収録

BS11「歴史科学捜査班」、2/25(月)放送は姫路城ですよ☺︎
スタジオゲスト呼んでいただきました。
ちょこっとコメントします。

城郭工学という科学の見地から姫路城の美の秘密が解き明かされます。
なかなか、ほうっと、おもしろいですよー。

ぜひご覧ください!

 

スカイツリーとジャズ

都内のホテルで講演でした。

私の講演後にショーをされた、
ジャズを志して50年、というジャズシンガーの方がとてもすてきだった。

「ジャズは人生を知らないと歌えない曲ばかり。
ようやく歌える年齢になって、それを聴いてもらえて嬉しい」と笑顔でおっしゃっていた。

ステキ。こうなりたい。

その世界でどうなのは知らんけどそんなことどうでもよく、
歌声が心地よくて何より表情がとてもすばらしく、聴けてよかったと思えるいい時間でした。

写真は会場までの道すがら。

 

そして、この日のためにつくってくださったという姫路城。うれしい!

 

まんま日本ムキシばなし

好きすぎて、今回も二夜連続で行ってしまいました。
レキシ TOUR2019 まんま日本ムキシばなし。横アリ。

池ちゃんホントに素敵だなあ♡

 

第12回 信長学フォーラム – 信長公と家臣団の城づくり

 

今日はこちらでありました。

第12回信長学フォーラム – 信長公と家臣団の城づくり

村田先生、仁木先生、中井先生という個性あふれる重鎮に、この壮大なテーマ。
私にコーディネーターを依頼した岐阜市さんの勇気を讃えたい。。
さすがにちと緊張しました。

が、終わってみればただただ楽しく。
個人的には、時間制限がないのなら質問攻めにしたい内容でした。
あああ…深いよ、信長の城と信長家臣の城と城下町!
さらには秀吉の城と都市形成もな!

毎回のことながら、
先生方に助けられてなんとか形になったようなものでご来場のみなさまの感想は怖くて聞けませんが、、、
私にはよい経験以外のなにものでもなく、とても贅沢な1日でした。

城友さん(と呼ばせて♡)とも会えて満足!

さて、また明日から。

 

古舘伊知郎さんのラジオに

誰にも告知せぬままオンエア終わっちゃってたんですが。。

先日、古舘伊知郎さんがパーソナリティのラジオに呼んでいただきました。

豊富なボキャブラリーとウィットに富んだ切り返し。
さすがだなあ!すごいなあ!と感服でした。

10分ほどのオンエアと聞いていましたが、40分くらいお話ししてしまいました。。
なんだろう…
意見が同じとかそういうことではないのだけれど、ずっとお話ししていたくなる方でした。
乗り心地のよい車に乗せてもらっている…ときのような爽快感。

JFN「日本カワイイ計画。with みんなの経済新聞」 Vol.173
こちらから聞けるみたいです →

 

明日1/19は、CBCラジオ「北野誠のズバリサタデー」に10分ほど生出演の予定です。
東海地区の方、ぜひに。

 

第17回城の自由研究コンテスト表彰式

第17回 小・中学生城の自由研究コンテストの表彰式でした。
(審査員、協会理事をしております)

毎年、講評や表彰式の後に上位5名のスピーチと小和田哲男理事長の記念講話、という流れ。
今年の作品はぐんとレベルアップした印象でしたが、5名のスピーチも本当にすばらしく。
爪の垢を煎じて飲ませたい…自分に、と胸を衝かれつつ、
小・中学生の気持ちで小和田哲男先生のお話に聞き入りました。

奇を衒うだけの着眼、小手先だけの探究、思いつきのような発想ではダメ。
当たり前のことを当たり前にして、成果をきちんと出すのは大人でもとても難しい。。
頭も体もフル稼働させてそれに集中して取り組めるみなさんの姿勢は人としてまぶしく、
城や歴史の道に進まなくても、
自分でなにかを見つけてそれを自分のものにして、豊かな人生を過ごすのだろうと思いました。

子供の頃、「なんで?どうして?」と質問しすぎてよく怒られていた私ですが、
好きな先生に「疑問を持てるのは才能だよ」と言われ救われた気がしたことを思い出しました。
こんなもんだ、そういうもんだ、とやり過ごさない人生を送りたいものです。

 

1年ぶりの対馬へ

ちょうど1年ぶりの対馬へ。
とても楽しかった!!

また来年も来られるかなあ。
何度でも訪れたいところです。

古代から近代まで、史跡の宝庫。日本のどこにも、似ている場所がありません。

今回は、金田城、桟原城(移築門)→結石山城→撃方山城→豊砲台→和多都美神社→西漕手→万関橋。

せっかく対馬に行ったのに、1泊2日とは拷問だ。。
早くもまた行きたいです。