城メグリスト

萩原さちこのプロフィール

城郭ライター、編集者。小学2年生で城に魅せられる。著書「わくわく城めぐり」(山と渓谷社)「日本100名城めぐりの旅」(学研)「お城へ行こう!」(岩波書店)「図説・戦う城の科学」(サイエンス・アイ新書)ほか。共著、連載多数。メディア・イベント出演、講演、講座のほか、城フェス実行委員長もしています。
城メグ日記は、お城のあれこれから関係ないことまで語る、萩原さちこのblogです。

●詳しいプロフィールはこちら

城メグリストのサイト

城メグリスト

●お仕事実績はこちら

アーカイブ


知床流氷ツアー2020

毎年恒例、生きがいのひとつでもある北海道旅行。
今年も冬の知床へ!

 

昨年楽しかった流氷ウォーク、知床五湖スノーシューイングに加えて、
今年は欲張って、雪あかりナイトウォーク、フレペの滝スノーシューイングも。
そして、濤沸湖(白鳥公園)で野生動物観察、そして念願の雪上乗馬も叶いました!
昨年よりスケールアップしていた、流氷フェスも楽しみましたよ。

今年も宿泊は、オホーツク海ビューの天然温泉ホテル、北こぶし。
温泉もよいし、便利だし、食事がおいしい!
朝から北の大地とオホーツク海の恵みをたっぷりといただきました。

満喫。豪遊。

 

ひとつひとつの光景が、ほんの少しの変化が、それはそれは眩しい。
知床の自然は本当にすばらしく、人間も動物と同じ自然界の一片なのだと気づかされます。

いろいろと忘れられないけれど、印象的だったのはナイトウォーク。
真っ暗闇をスノーシューイングで歩くのだけれど、
はじめは真っ暗で何も見えなかったのに、だんだん見えてくる。
目が、動物の目になるんですって。色のない、モノクロの世界。
終わって山から出たとき、遠くの街灯が眩しくて目が痛いほどでした。

何か捨てるのと引き換えに、感性が研ぎ澄まされるよう。
なるべく美しいものを見て、やさしい言葉を口にして、思慮深く、
きれいな彩りで豊かに生きようという気になります。

 


フレペの滝種ノーシューイング。
朝の雪道歩き、気持ちよい!

 

いろんな足跡。かわいい。
足跡で動物の種類がわかるガイドさん、すごいー。
それぞれ歩き方にも特徴があって、歩く場所も違うんのね。

 


くまさんの爪痕コレクション。
山ぶどうがお好きなようです。

 



知床五湖スノーシューイング。
昨年の輝かしい晴天もよかったけれど、
曇天にくっきりと浮かび上がる知床連山も、幽玄で素敵ね。

 

流氷フェス。

 

白鳥公園。しんしんと降る雪の中で佇む白鳥さんの美しさよ。

 

流氷ホーストレッキング。後ろから2番目がわたし。

 

命の洗濯。心の栄養。
邪念はオホーツク海に沈めてきました。。

いやー、全力ではしゃいだわ。
来年を楽しみに、またがんばろー。おー!

 

 

おまけ。
今年の流氷ジャンプはイマイチでした(笑)
しかし、昨年失敗したスノーエンジェルは成功!イメトレした甲斐があったわ!

 

支笏湖氷濤まつり

支笏湖氷濤まつり。

なにこれ、きれいー!
ずっと見てられる。
雪中、1時間半も見入ってしまった…ずぶ濡れ。
写真や動画、いっぱい撮っちゃいました。

 



氷の上に雪が積もってきたら、お花が咲いたみたいになってかわいい。
パリッとした寒さも心地よく、お気に入りのソレルも履けてうれしい。

支笏湖は不凍湖(凍らない湖)なんだそうです。
容積が大きくて日本で2番目に深いから、湖底まで冷却が至らないんですってよ。

…ワカサギ釣りできないね。

凍らないから、その湖水をスプリンクラーでしゅーっ!と、吹き付けて凍らせているそうです。

 

札幌でおしごと。
今宵の海鮮宴までに到着すればよいのだけれど、せっかくなので早いフライトをご手配いただきました。
早起きしてよかったわ。
次は8月9日に呼んでください、と切に願います。。(笑)

 

創作意欲を掻き立てられ、天守台を製作。
どなたかがつくった雪だるまの横に、築城してきました。

…ひどすぎる。

 

NINJA AKASAKA

NINJA AKASAKA。
15年くらいぶり(!)

今、7割が海外の観光客だそうで。
お寿司の玉子にトリュフが入ってたり、
ブイヤベースにパクチーが添えられてたり、
サーモンにはルバーブ、和牛にはカスタード風ソースと、
山海の幸豊かで諸国の風吹く忍者の里でした。

上級忍者の忍術(マジック)が高度すぎて、観光客並みにベタに感激。
外人大喜びだな、ありゃ。

 

サザエファイヤー!
忍者さんのマスク、渋谷の若者がしてるやつなの気になるよね…?

上の写真は「手裏剣グリッシーニとフォアグラのパテ」です。

よくしていただいている、とある企業の会長さん(城好き)のお祝い会。
よろこんでおられてよかったわ。

 

謹賀新年2020

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

今年は、下田でのんびりと。
石丁場を改装した洞窟温泉がある、例のホテル!
湯上りに浴衣で石丁場を探訪できるのサイコー。

 

波の音で眠りにつき、波の音で起きる幸せよ。
朝陽と夕陽がとてもきれいで、夜空からは星が降ってきそうでした。
よく寝て、食べて、浸かって、飲みました。

そして、見応えたっぷりな展開の末の、母校優勝!
とても気分がよろしいです。

 

2020城始めは下田城でした。
台風の影響なのか少し崩れていて気になりましたが、畝は健在でした。

 

 

昇太と精児の年忘れガラクタリサイタル

近所のライブハウスで催されるとのお誘いを受け、
春風亭昇太師匠と六角精児さんのライブ「昇太と精児の年忘れガラクタリサイタル」へ。

「六角精児さんの生歌を聴きたい」
「六角精児さんの生鉄道トークを聞きたい」

という願いが叶いました。
かっこよかった♡

昇太師匠、今年もマルチなご活躍で。
しょーもない歌を熱唱しておられました。
(褒めてます、尊敬してます)

六角さんの鉄道MCとは裏腹に、さほど盛り上がらない昇太さんの城MC。。
しかし楽しそうに話し続ける姿に勇気をもらいました。
誰も城の話など聞いてくれなかったあの頃…
初心を思い出し、私もがんばろうと思いました(笑)

たのしかったー。

 

山中湖

長野→山梨→静岡、温泉と紅葉、おいしいものと美しいもの。

昨夜宿泊したホテル、山中湖×富士山の眺望がとてもよろしかった。
上の写真、5:50。

 

6:21。

 

そして、8:39。

 

きれいー。

 

 

首里城

こちらにもコメント載せておきますね。

ーーーーーーー
首里城の建物は沖縄戦で全焼したため、建物が世界遺産なのではありません(正殿は1992年に復元)。
「内郭・外郭の石積みの一部や正殿の地下遺構が奇跡的に残存していること」が主な理由。
エリアと存在が世界遺産。

ただし、復元だとしても歴史の一部で、市民にとってはシンボルであり精神的支柱。
復元や維持管理も苦労の賜物であり英知の結晶です。

午前7時前撮影というヘリ映像を見る限りでは、正殿がすでに全焼、北殿と南殿もかなりの延焼。
南殿は番所、近習詰所、奥書院、黄金御殿、ニ階御殿、寄満まで延焼か。
淑順門、女官居室までは至っていなさそう。
御内原エリアは2019年2月から公開、正殿外壁の漆も2018年末に塗り直し完了したばかりでした。

宣伝意図はないですが、上記詳細は拙連載記事を参考に。

ついに公開! ディープな世界「御内原」とは? 首里城(1)
琉球王朝の文化を反映する、正殿の外壁塗装とデザイン 首里城(2)
琉球王国の栄華をいまに伝えるグスク・首里城と、 三つの世界遺産めぐり
ーーーーーーー

いろいろな人の思いを考えると、とても辛いです。。

 

続・石垣柄

続・石垣柄。
石垣柄ではなく、こちらに。

着物を着ると背筋が伸びてとても心地よい。
今年こそ、さささと着てちょくちょく出かけるようになりたい!
…と思って15年以上経ちます。

ら、来年こそ…。

 

お願いしたヘア、かわいかった!

 

 

春風亭昇太師匠の独演会

春風亭昇太師匠の独演会に。

ああ、落語っておもしろいなあ!!

小さなあれこれがどうでもよくなる、笑いの威力よ。

販売ブース、落語のグッズが並ぶ中、攻めの姿勢に感激しました(笑)

石垣柄の着物!

結婚披露宴にお呼ばれしたので、実家で母の着物を物色。

見て!
石垣柄の着物と帯を発見!!
…お城のイベントで着たい(そんなのあるのか?)!
(お城の話をするときは着物を着ないのがポリシーなのですが)

なかなかの訪問着ですわ。
写真ではアレですけど、なかなか素敵なんです。
着こなしたいなあ。

いやいや、ステキな緑色片岩の打込接柄ですなあ!
(違う)

 

結婚披露宴はこちらに決めました。