城メグリスト

萩原さちこのプロフィール

城郭ライター、編集者。小学2年生で城に魅せられる。著書「わくわく城めぐり」(山と渓谷社)「日本100名城めぐりの旅」(学研)「お城へ行こう!」(岩波書店)「図説・戦う城の科学」(サイエンス・アイ新書)ほか。共著、連載多数。メディア・イベント出演、講演、講座のほか、城フェス実行委員長もしています。
城メグ日記は、お城のあれこれから関係ないことまで語る、萩原さちこのblogです。

●詳しいプロフィールはこちら

城メグリストのサイト

城メグリスト

●お仕事実績はこちら

アーカイブ


福山城伏見櫓の内部へ潜入

福山城の伏見櫓と筋鉄門の内部へ!

伏見櫓、かなりおもしろし!!
その分だけ謎も深し。
先生方のお話を聞いているだけでゾクゾクしました。贅沢すぎる時間。
こういうとき、もっと知識が欲しいと思うよね。

今日は楽しかったなーー。

三浦先生とお別れして、中井先生と加藤先生とともにもう1城。
神辺城へ行きました。
そして分散。
滋賀の中井先生は島根へ。静岡の加藤先生は福島へ。
そして東京の私は山口へ。。てんでばらばら(笑)

伏見櫓の内部写真は公開不可かもなので、写真は外観で。

 

可児市山城連絡協議会

可児市山城連絡協議会、久々利城跡城守隊、美濃金山城おまもりたい、今城址を整備する会の
今年度の活動報告とディスカッションの会に、アドバイザーとしてお呼ばれしてきました。

保存会のみなさんの、熱心かつ真摯な姿勢と活動に頭が下がります。
そして、いつもあたたかく迎えてくださりありがとうございます。

可児市の保存会の活動、市や協議会との連携のよさは全国トップクラスだと思います。
その道のプロでもない私はアドバイスできることなどないのだけど、
同じ方向を向いていれば共有する時間に意義が見出せるし、私も受ける刺激が大きいです。

というより、人生の先輩から教わることのほうが多い。
足元をしっかり固めて、目的と目標をしっかり認識し、できることと必要なことを考え、しっかり実践していく。
何をするにも、これが基本なのだと今日は学びました。

あくなき探究心と向上心。
でも、あんまりがんばりすぎないでくださいね。
無理なく、楽しく、長く続けることが大事。
ともに考え、よくしていきましょう。

 

6月オープンの戦国山城ミュージアム、新しくなった可児市観光交流館へも行ってきました。

そして、すばらしく伐採が進んだ美濃金山城へも。
三ノ丸門跡から本丸が見えるようになっていたぞー!

 

写真は、昨年の山城へ行こう2017の際につくられた、
「センゴク」の宮下英樹先生オリジナルの美濃金山城レジャーシート。
可児市山城連絡協議会への寄付で入手できますよ。

昨年のイベントをドタキャンしたわたくし、しれっとサイン追加に成功しました。
こちらの可児市山城連絡協議会特別顧問6名のサイン入りは、可児市観光交流館に展示されてますよ。
はりきりすぎて、文字がデカすぎた(笑)ごめんなさいー。

 

小笠原氏城跡 史跡指定1周年記念講演会 「城の宝庫!松本の城と歩き方」

数年前、インタビューで好きな城を聞かれて山家城と答えたものの、
その後の誘導尋問から「私は天守にはしゃぐ女子的なポジションなのだな」と察し、松本城に変更したことがある。
(そのときはどんな形であれ城を取り上げてもらえればよかった)

やったね、山家城!
今や、大勢の人の前で語らせてもらえるようになったよ!

小笠原氏城跡 史跡指定1周年記念講演会
「城の宝庫!松本の城と歩き方~小笠原氏城跡と松本城の魅力~」
足を運んでくださったみなさま、ありがとうございました。
320席、事前のお申し込みで満員御礼。
当日お越しくださったもののお帰りいただいた方もいたとのことで、ありがたい限りです。

熱心に聞いてくださり、関心の高さを感じました。
まだまだこれからが楽しみな小笠原氏の城。
松本は価値ある、しかも見応えのある名城だらけです。
地域のみなさん、ともに見守り、考え、大切にしていきましょう!

ちょいちょいミスの連続でしたが、
もっと上手に伝えられるように。。

 

松本城三の丸の発掘調査で総堀に通じる石組水路が見つかったそうです。
松本城もまだまだ目が離せません。

とても楽しい2日間、松本市教育委員会文化財課のみなさん、ありがとうございました。
今後ともよしなに。殿村遺跡に行きたいぞ。

 

青柳城と平瀬城へ

軽い吹雪の中、青柳城と平瀬城へ。
松本市教育委員会文化財課のみなさまに連れていっていただきました。

切通しと石垣用水路に感激!
写真は二重堀切からの連続竪堀どーん!!
いかすぜ!

明日は13:30より松本市教育委員会文化財課主催、
小笠原氏城跡 史跡指定1周年記念講演会
「城の宝庫!松本の城と歩き方~小笠原氏城跡と松本城の魅力~」。

お城EXPO2017の春風亭昇太師匠とのトークショーでもお話しした、小笠原氏の城。
あの時は時間がなくなってしまい
「私はとにかく小笠原氏の城が好きなんだ!好きなんだ!好きなんだ!」
とただ連呼するにとどまりましたが、
その理由と価値と愛し方を、お話しさせていただこうと思います。

松本市のみなさん!
すごい宝、持ってますよ!

320席、満員御礼だそうです。
かたじけねえ。
おらがんばる。

明日のお話しは、井川城、林大城、林小城、山家城、桐原城、埴原城、松本城です。

札幌でセミナー

今日は札幌にてセミナーでした。
土地柄、実際に姫路城や名古屋城を見たことがある人が圧倒的に少ないので、表現に配慮と工夫を。
北海道人の戦国時代や城の捉え方って独特な気がする。
おもしろいし、私にとっては刺激的です。

北海道で城の仕事、意外とちょこちょこあるんです。
全国と同様に道民の関心もいよいよK点超えらしく、企業も本腰を入れてきたよう。

世の中にはけっこう城好きがいて、
こうした気運に乗ってそれぞれの専門ジャンルのプロが立ち上がっていくのは、ビジネス的にはおもしろい。
もちろん、ビジネスが絡むとおかしな方向にいくケースが圧倒的に多いのだけど、
ひとりでできないことが可能になるケースもあるし、そもそも可能性なんてふわっとしたものなのだ。
物事にはいいことも悪いこともあって、その割合をいかにコントロールして、理想の方向に持っていけるかが大事。
そこの舵取りにも意味があると思っている。
いや、つまりはそれを戦略という。

熱意とビジョンと信念がある人とは、ぜひとも関らせてもらいたいと思っているのであります。
今日は、その思いに火がつくようなよき出会いの会社さんだったなと思いました。
あんまり受けない業界の仕事だけど、打ち合わせもよい流れでできて、今後の展開が楽しみ。

今日は釧路(片道4時間!)から申し込みしてくださった方がいたり、
「本当に萩原さちこが北海道まで来るのか」という問い合わせ電話もあったそうで。
そういうのに自分の認識がついていかないのが最近の悩みだけれど、贅沢な限りです。

昨日は聖地巡礼にうかれててごめん。
すすきのでフィーバーしてごめんなさい。
てか、私は北海道LOVERだから、年に1回は来ているよ!
いつでも呼んでくださいー。

 

J-WAVE「Growing Reed」

「タイムフリーで聴けないよー!」と問い合わせ殺到なので、一応おしらせ。

こちらで聴けるそうです。 はずかしいから自分では聴かないけども。
聴いてくれた方、ありがと!

苗木城へ取材に

IMG_0151

今日も取材日和!

久々の苗木城、なんだかいろいろ感激しっぱなしでした。
石垣が崩れない理由もわかった気がします。
とても細やかで、ていねいな城づくり。
地元の方がとても熱心で、考えさせられるところがありました。
中津川のみなさん、あたたかい。

 

IMG_0158 IMG_0147 IMG_0148
IMG_0153 IMG_0155 IMG_0152
IMG_0157 IMG_0150 IMGP7500

とにかく絶景ー!

苗木城、書き甲斐があります。
続日本100名城の本、今秋発売予定です。

中津川市のS様&S様、ありがとうございました!

 

IMG_0146

 

小牧山城へ取材に

IMG_0143

取材日和。

小牧山城、城下町がこんなにおもしろいとは!
石垣も曲輪も、かなり見やすく半年で変化していました。

続日本100名城の本を、これから執筆。
今秋発売です。
お楽しみに。

小牧市のO様、ありがとうございました!

 

J-WAVE「GROWING REED」

岡田准一さんMC、J-WAVE「GROWING REED」にゲスト出演します。
2018年2月25日(日)24:00〜25:00 OAです。

NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」や映画「関ヶ原」やの話もしました。
「私は今、軍師官兵衛と軍師官兵衛の話をしている」
「石田三成殿と関ヶ原の話をしている」
…と思ったら不思議な感覚でありました。
(その話はカットされてる気がするけど)

関ヶ原合戦の戦略について、熱視線で語る三成殿。
「…まあ、負けちゃったんだけどね、あはは」と爽やかな笑顔で言っておられました。
三木城攻めについて語る、当時幽閉されていた官兵衛殿。
「そうそう、閉じ込められちゃってさー。あの時はほんと大変だった」と、とびきりのキラースマイルで仰せでした。

ぜひ。

 

休日

IMG_0133

ドライブ日和。

健康維持のためにも、今年はしっかり休日をつくることに。
こういう1日は本当に大事だー!と実感。