城メグリスト

萩原さちこのプロフィール

城郭ライター、編集者。小学2年生で城に魅せられる。著書「わくわく城めぐり」(山と渓谷社)「日本100名城めぐりの旅」(学研)「お城へ行こう!」(岩波書店)「図説・戦う城の科学」(サイエンス・アイ新書)ほか。共著、連載多数。メディア・イベント出演、講演、講座のほか、城フェス実行委員長もしています。
城メグ日記は、お城のあれこれから関係ないことまで語る、萩原さちこのblogです。

●詳しいプロフィールはこちら

城メグリストのサイト

城メグリスト

●お仕事実績はこちら

アーカイブ


J-WAVE「GROWING REED」

岡田准一さんMC、J-WAVE「GROWING REED」にゲスト出演します。
2018年2月25日(日)24:00〜25:00 OAです。

NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」や映画「関ヶ原」やの話もしました。
「私は今、軍師官兵衛と軍師官兵衛の話をしている」
「石田三成殿と関ヶ原の話をしている」
…と思ったら不思議な感覚でありました。
(その話はカットされてる気がするけど)

関ヶ原合戦の戦略について、熱視線で語る三成殿。
「…まあ、負けちゃったんだけどね、あはは」と爽やかな笑顔で言っておられました。
三木城攻めについて語る、当時幽閉されていた官兵衛殿。
「そうそう、閉じ込められちゃってさー。あの時はほんと大変だった」と、とびきりのキラースマイルで仰せでした。

ぜひ。

 

攻める山城50城

DWKyOnvVAAEVCdI

山と渓谷社さんから発売された「攻める山城50城」。
こちらの書籍、私の執筆は4Pのみです。
「新刊おめでとうございます!」とか「買います!」とか複数人に言われましたので、一応。。

著者の清野明さんは山歩きに精通された方だそうで
(ほかにも書かれているのかもしれませんがそう聞きました)、
トレッキング目線だと山城歩きはこんな感じなのかあ、と思いながらふむふむ拝読しました。

中身を確認してからご購入されたし。
今年は2冊新刊を出版しますので、そちらは中身を見ずに勢いでご購入くださいね。ふふ。

私も満を持して、来年あたり山城歩きの本を書きたいなあ。

 

毎日新聞社から

IMG_0039

毎日新聞社、打ち合わせスペースからのパノラマ江戸城竹橋ビュー(の一部)。

ここ半年のだらだらモードに喝を入れられるような、
ビジネス脳と使命感に火をつけられるような刺激的な時間でありました。
やる気スイッチオンというやつです。

 

IMG_0042

夕陽をとるか、石垣をとるかのせめぎ合い。

 

滝山城へ

27503426_1592135400874185_5404480277135994488_o

東京の宝、滝山城!
何度訪れても、いや、訪れれば訪れるほど、魅力的な城であるな。

あーだこーだ意見交換したり、はしゃいだり、新知見に興奮したりしながら。
3時間半があっという間。
あああ、とっても楽しい1日でありました!

草が刈られて以前よりまた見やすくなっていました。ありがたし。
雪が溶けたらまた行こう。

絶対に撮れない、二の丸周辺の縄張のすごさ。
わかってもらえてうれしかったなあー。
折れと高低差の究極バランス。
狂いなき抜かりなき設計。
必ず勝ちにいく戦略的構造。
土橋と土橋と土橋の出会い。
…そして馬出しとの合わせ技!

 

27747636_1592135160874209_5169874946112150453_o 27709679_1592135234207535_1018633472438069499_o 27500712_1592135284207530_5765408448347555278_o
27503163_1592135324207526_1151843004550156680_o 27625271_1592135364207522_150229525406399448_o 27459358_1592135134207545_425127764967295822_n

行くたび納得と疑問が増える、魅惑の城であります。
もっと知りたい。

 

小田原城総構を1周しようの会

27628978_1591114947642897_7454931768883719880_o

小田原城総構を1周しようの会。

かつて頭に竹が刺さって撤収した小峰御鐘ノ台の西堀や、
木々に埋もれてまったく見えもしなかった小峰御鐘ノ台南側の巨大な堀などが、
恥ずかしいほど丸裸になっていて感激しました。

小峰御鐘ノ台の西堀が総構にT字に合流する地点!!
3段階に高低差つけちゃうんだぜ!
射程が考え抜かれた効率性の高さ、かつ美しいシルエットのクランク。
こんな手の込んだことは北条氏しかやらんのではないでしょうか。
ふつうはつなげちゃうよね。ふつうに。

そして一般的ではありますが、
城下張出から小峰御鐘ノ台へのラインは、何度訪れてもすばらしい。
私が知る限り、全国に似たところがありません。

高さも幅も規則的な、堀と土塁と犬走り。
畝100本くらい出てくるんじゃなかろうか、と思わせる堀底の感じ。
今日は足の裏でそんなことを感じ、脳内でイメージながらしみじみ歩きました。

緻密というか几帳面な設計。
絶対に私と仲良くしてくれないタイプなのだろうなといつも思います。
小田原城は本城なだけあって、短期間で増強された総構も抜かりない。
「北条氏の絆シンポジウム」の先生方の内容をまた思い返してしまうけれど、
やはりどこまで氏政が指示していたのか、北条氏の技術者集団の組織とかしくみ、気になります。

そんなきっちりした中に、稲荷森のような戦闘空間があるのもシビれます。
(あんまり反応してもらえなかったけど、あそこすごいよね!)

この城下張出から小峰御鐘ノ台への丘陵ラインも、訪れるたびに見えやすく歩きやすくなっていて感無量。
小田原市さんと大外郭の会さん、ありがとうございます。

大外郭の会の山本さん、ご案内ありがとうございました。
ご一緒してくださったみなさまも。
わいわい、とっても楽しかったです!しあわせな1日でした。

 

27368739_1591114794309579_8819765471885462256_o 27625252_1591114827642909_7181744074524139530_o 27368266_1591114880976237_1017598018302227895_o
27500279_1591115110976214_4367656639279030287_o 27368739_1591114794309579_8819765471885462256_o 27500378_1591114987642893_1548758414314865185_o
27500970_1591115074309551_1786757029146827890_o 27625386_1591115144309544_717318224843487956_o 27500838_1591115187642873_6631882580093239125_o

今日のルートは井細田口から西まわりで早川口まで、でした。
1周への道は遠い…

 

JFN「THE VOICE」

JFN(JAPAN FM NETWORKというラジオ)の「THE VOICE」という番組に出演します。

昨年、新刊のプロモーションとして収録した番組でしたが、
「城の楽しみ方」など、5回にわたり放送してくださるそう。
「著書について」は④2月1日(木)、
「天守について」がもっとも多い6局ネットで、⑤2月2日(金)オンエアです。

色々語らせていただいております。
聴けるエリアの方、ぜひ。
※ネット局により放送時間が異なりますのでご注意を。

①1月29日(月)
②1月30日(火)
FM三重(16:30~16:35)
FM香川(23:55~24:00)
FM沖縄(09:55~10:00)

③1月31日(水)
FM三重(16:30~16:35)
FM香川(23:55~24:00)
FM大分(15:45~15:50)
FM沖縄(09:55~10:00)

④2月1日(木)
FM三重(16:30~16:35)
FM香川(23:55~24:00)
FM沖縄(09:55~10:00)

⑤2月2日(金)
FM青森(22:55~23:00)
FM三重(22:55~23:00)
FM山口(22:55~23:00)
FM香川(23:55~24:00)
FM佐賀(22:55~23:00)
FM沖縄(09:55~10:00)

 

講演会「城の宝庫!松本の城と歩き方~小笠原氏城跡と松本城の魅力~」

hagiwarachirashiのコピー

昨年末、お城EXPO2017の春風亭昇太師匠とのトークショーでもお話しした、小笠原氏の城。
あの時は時間がなくなってしまい
「私はとにかく小笠原氏の城が好きなんだ!好きなんだ!好きなんだ!」と
ただ連呼するにとどまりましたが、
その理由と価値と愛し方をたっぷりとお話しさせていただこうと思います。

松本市のみなさん!宝、持ってますよ!
国宝・松本城があるだけでもすごいですが、
松本市内にはすばらしい中世の城(小笠原氏の城以外も)もたくさんあります。
市内に中世の城も近世の城が存在する(しかもかなり見応えのある城ばかり)が存在するなんて、
珍しいのではないでしょうか。

松本城のお話をさせていただくことはよくあるのですが、
松本市でお話させていただくのは初めて。
しかも、松本城だけでなく、小笠原氏の城も!
うれしく、楽しみ、ちょっと緊張、です。

小笠原氏城跡 史跡指定1周年記念講演会
「城の宝庫!松本の城と歩き方~小笠原氏城跡と松本城の魅力~」

ぜひお越しくださいませ!
詳細・申し込みは松本市文化財課さんまで →

 

江川酒「韮山」

26850408_1579126365508422_1310738297133580319_o

先週土曜日の伊豆の国市文化財講演会「韮山城をめぐる攻防」、
いろいろな先生は専門のみなさまからのお話しもうかがえ、とても楽しく貴重な1日でありました。
伊豆の国市の溝口さんや池谷さんはじめ、
お会いしたみなさま、ありがとうございました。

会場で「江川酒 韮山」なるお酒をいただきまして。
————–
戦国時代から江戸初期にかけて、江川家で醸造。
北条早雲が命名し、田舎酒の五大銘酒として徳川家康にも献上されたと伝わる。
————–
だそうです。復刻版ですが。

2019年は北条早雲没後500年祭とのことで、
ひと足先にこちらで献杯といたします。

おとなりは、対馬のにごり酒。
なんとか爆発させずに持ち帰りましたが、怖くて開けられません…。
どうしたら?

 

IMG_3124

大雪の東京でしたが、
翌日AM10:00、近所の雪だるまはすでにエガちゃんでした。
もしくはおばたのお兄さん。

韮山城と駿府城

IMG_3087

土日は静岡へ。

土曜日は、伊豆の国市文化財講演会「韮山城をめぐる攻防」。
中井均先生と斎藤慎一先生がご登壇。
500名近い大盛況。
本当に、韮山城塞群と付城群はおもしろい。また歩きたい!

竹井英文先生にもお目にかかれたし(抜き刷りいただいた♡)、
懇親会でもいろいろな方とお話ができて貴重な1日でした。
伊豆の国市のご担当のみなさま、ありがとうございました。お疲れさまでした。

日曜日は、駿府城の天守台発掘調査現場へ。
加藤理文先生の講演会&発掘調査見学会があり、
先生が事前に発掘調査現場を視察されるとのことだったので、便乗したのです。
静岡市のご担当のみなさま、ありがとうございました。

見たかったものがかすむほどの、衝撃が。
あれがあれで、あれなんだな!
そうなると、そうなって、そういうことになるんだな!
すごーい!ゾクゾクであります。

見学会で解説のあった、一般公開されている範囲だけでも十分に見応えありますよ。
駿府城の発掘調査、要注目です。
一般公開されていて、ボランテイアガイドさんが説明もしてくれますから、ぜひ行きましょう。

私も、ちゃんと書きたいです。
ああ、この感動を伝えたい!

楽しい2日間でした。

 

壱岐へ

26910949_1575441065876952_3553661120574427511_o

濃密な対馬3日間を終え、壱岐へ立ち寄り。

生池城すばらしい。

あと、昨夜訪れたお寿司屋さんがヒットすぎました。
アテから握りまで、文句なし。
大将と女将さんのお人柄、
テキパキとした仕事ぶりもステキでした。
IMG_3080 IMG_3081 IMG_3082

こちらは、対馬野生生物保護センターにお住まいのツシマヤマネコ・福馬くんです。
かわいい。