城メグリスト

萩原さちこのプロフィール

城郭ライター、編集者。小学2年生で城に魅せられる。著書「わくわく城めぐり」(山と渓谷社)「日本100名城めぐりの旅」(学研)「お城へ行こう!」(岩波書店)「図説・戦う城の科学」(サイエンス・アイ新書)ほか。共著、連載多数。メディア・イベント出演、講演、講座のほか、城フェス実行委員長もしています。
城メグ日記は、お城のあれこれから関係ないことまで語る、萩原さちこのblogです。

●詳しいプロフィールはこちら

城メグリストのサイト

城メグリスト

●お仕事実績はこちら

アーカイブ


安土文芸の郷歴史講座「安土城から熊本城へ〜織豊系城郭の軌跡」

DSC_2557

公益財団法人安土町文芸の郷振興事業団さま主催、
安土文芸の郷歴史講座「安土城から熊本城へ〜織豊系城郭の軌跡」。
講演と、ディスカッションをさせていただきました。

奈良大学教授で城郭考古学者の千田嘉博先生、
熊本城調査研究センター文化財保護主幹の鶴嶋俊彦さんと。

このテーマに、このおふたり。
私ごときが紛れてよいものか、とドキドキしましたが。。

 

DSC_2559

しまいには千田先生にこんなことをさせるほど楽しかったです。
タイトル「ロミオとジュリエット」。

 

DSC_2555

こちらはタイトル「貴族の挨拶」。
千田先生は、なにをしても絵になるな(笑)

 

おふたりとも、昨年末のお城EXPO2016以来でした。
鶴嶋さんは本当に本当に大変な毎日なのですが、
そんなようすは見せず、粛々と、しかし熱く真摯に熊本城を愛しながら取り組まれておられます。
なんというかほっこりする方で、好きなのです。
千田先生は、今日も楽しくお詳しく、少年のようにおちゃめでお気遣いが完璧で。
壇上ではそれはもうさりげなく、常にフォローしてくださるので安心です。
東京でご講演なさるときは私は地方出張だったりと
なかなかお会いすることができないので、お話もできてとてもうれしかったです。

お気遣いに助けられ、今日もよい経験をさせていただきました。
ありがとうございました。

近々また行こう、熊本城!
そして伝えなければ、と思うのであります。
先生方との楽屋でのお話、会場の反応などを見ていると、
まだまだ、伝えるべきことが伝わっていないのだなと感じました。
もっともっと、努力せねば。そして、勉強せねば。

 

IMG_4411 IMG_4450 IMG_2156

仕事はちゃんとしました。

 

小田原城の総構

DSC_2516

小田原城総構の稲荷森、荒れ狂っていた竹がかなりすっきりと間伐され、
なんと、堀底へ降りられるようになっていた!
最近のことではないようだけれど、びっくり。
城下張出も切り取られたかのごとくこざっぱりとし、
まるで聖域のような空間になっていて感激しました。

江東区砂町文化センターさんの連続講座、この日は現地見学でして。
近世小田原城の解説でよかったのですが、
今期講座のテーマが「小田原攻めと北条の城」ということもあり、
「講座後、ご希望の方がいれば総構をご案内しますよー」などとお声がけしてみたのです。
せいぜい5〜6名かなあ、と思っていたら…、なんと!23名もいらした!
すごい時代の到来だなあと感慨深くなりました。

小峰御鐘ノ台大堀切東堀・中堀・西堀→御鐘ノ台→稲荷森堀→
山ノ神堀切→山ノ神台→城下張出→城源寺竪堀。
道を間違えて、思いがけず御鐘ノ台まで行ってしまいました。

講座1.5時間、講座後の総構歩き3時間。
かなり歩かせてしまったけれど、
北条時代のすばらしき遺構を楽しんでいただけたようでなによりです。

 

DSC_2479 DSC_2474 DSC_2487
DSC_2504 DSC_2514 DSC_2517
DSC_2521 DSC_2529 DSC_2535
DSC_2536 DSC_2537 DSC_2542

このラインだけでも歩くと、小田原攻めのイメージがかなり変わると思うし、
双方の戦略含め、いろいろ腑に落ちることが多いはず。
理論とは別のところにある、当時のうごめきや切迫詰まった感、
そんな状況下での北条時代の技術力の高さも。

目下整備中で、来春にはもっときちんとなります、と
後日、小田原市教育委員会の諏訪間さんからうかがいました。
いやいや、現状でも、ここまでの遺構がこんなに見られれば満足です。
小田原市さんの整備はすばらしい。
石垣山一夜城も整備するそうで、ファンとしては喜びでいっぱいです。喜び組です。

稲荷森、今回歩けて気づけましたが、すっごい戦闘空間だ!
北条っぽいぞ!
土木量もそうだけれど、常に侵入者に対する多方向からの射撃空間が確保されていて、
横堀の使い方、緻密な設計が北条らしい。
小峰御鐘ノ台大堀切は実は戦闘空間としては苦し紛れだけれど、
こちらのほうがきちんと、機能性を計算した上で落ち着いて構築されている感じ。
少し先立ってつくられていたのかもしれません。

 

デイリースポーツオンラインに

11111

デイリースポーツオンラインさんの記事。
取材協力させていただきました。
最近よく質問される「なぜ城が人気なのか?」についても、見解を語っております。

先般のNHK「趣味どきっ」といい(観てくださった方ありがとうございます)、
城を取り上げてもらえることが増えただけでなく、
こちらにとって核心をついた取材をしてくださり、
ブレずにまとめてくださるようになったなあ、とほのかな感慨に浸っています。
(これはけっこうすごいこと!!)

どこに自身の目的を定め、それに向かってどう動くのかが大事であって。
…とは思うものの、自分の意としない書かれ方をしたり、誤解や批判が増えれば、
何も感じないわけではない。実質的な支障も出ます。

メディアは自分のためにあるわけではないので仕方ないことで、
そんなことは知っているわけです。

しかし、何事も全否定しては進展はない。
ネガティブな発想からは何も生まれない。
やはり、小さなリスクと向き合いながら、少しずつやるしかないとしみじみ思う6月14日です。
メディアの力を知る元広告業界の人間としては、そこはやっていきたいなと思うのであります。
(ちょっと知っている意地にかけても)

表に出たいわけでも、有名になりたいわけでもなく。
できればひっそり、これというものだけに集中して、穏やかに静かに暮らしたい。
ただ…やりたいことがあり、それを自分次第でできる環境にあるというのはありがたいことなのですね。

最近は、がんばれの言葉が重くなくなってきました。
ただただ、ありがとうございますのひと言なのだと思います。

ーーーー

個人的には、山城(中世の城)のほうがスゴいという理論は違和感があるかな。
(一般的な“マニアック度イメージ”のランク付けは別です)
好みやなりゆきの問題であって、中世の城だろうが近世の城だろうが、どっちでもいい。
どちらにも、違う魅力がある。
それはあれですよ、ロクに話もしないで、肩書きだけで相手を判断するのと似てますよ。

中世の城を歩いてこそ本物の城好き、みたいな城ファンの発言はさみしいなあと思います。
興味のある範囲、適度な距離で自由に城を楽しめばよいのであって、
なんだかおかしな上下関係のある世界になってほしくないなあとは思います。

 

NHK「趣味どきっ」第2回放送

IMG_2129

NHK(Eテレ)「趣味どきっ」。
全9回「海・山・町を再発見!おとなの歩き旅」
今日放送の第2回は松本城下町歩きです。
捨堀の土塁も登場しますよ(たぶん)。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第2回「古地図と歩く城下町」
放送:6月12日(月)21:30~21:55
再放送:6月19日(月)11:30~11:55
※NHK総合は6月14日(水)10:15~10:40
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

みてね☺︎

公益財団法人日本城郭協会の理事に

IMG_2124

本日2017年6月10日付で、公益財団法人日本城郭協会の理事になりました。
学術委員会学術委員は続投です。

いろいろと考えることはあるけれど、
いただいたお話はありがたく素直に頂戴し、
できる限り真摯に、粛々とこなしてゆく。
…という基本理念に基づいて。

写真は評議会理事会の後、
日本城郭協会創立50周年記念パーティーにて。
理事長の小和田哲男先生、理事の加藤理文先生、
学術委員にもなられた小田原城天守閣館長の諏訪間順さんと。

 

IMG_2112 IMG_2122 IMG_2117

都庁の45階にこんなパーティースペースがあるとは知りませんでした。

 

 

群馬にて

IMG_2106

前橋で講演のおしごとでした。

いやいや、不思議な1日でした。

①せっかく群馬まで行く&快晴だからと、朝の新幹線に飛び乗る
②ひとまず高崎城をうろついていたら、静岡の加藤理文先生がなぜか高崎にいた
③加藤先生が高崎泊というので講演後にごはんの約束をする
④食事前に高崎にて東京の出版社と打ち合わせがあるから一緒にどうかと誘われる
⑤なぜか同席する
⑥なぜかみんなで飲む
⑦群馬に思いがけず長居をして新幹線で東京帰る←今ココ

・・・加藤先生とは、明日も東京でお会いするのですがね(笑)

人と会うということは、可能性が増えるに等しいと思う。
いろんな意味でね。
そこからどうするかは自分次第だけど、それは何ものにも変えがたい。

ところで。
今日は大手建設会社さまの依頼での講演でした。
最近は、企業様からのご依頼も多い。
建設会社なので建造物や石垣の技術的なことや地質のことなどがご要望と思いきや、
「戦国時代の城、地元群馬の城の話をぜひ」と。
この依頼も、本当に多い。
ここ2年、天守の話などほとんどしていないです。
情勢とニーズの変化を感じます。

今日もいいお仕事をさせていただきました。
ありがとうございました。

 

NHK「趣味どきっ」第1回放送

IMG_2084

NHK「趣味どきっ」。
全9回「海・山・町を再発見!おとなの歩き旅」
第1回は松本城歩きです。Eテレで明日放送。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
第1回「戦国の舞台となった城を歩く」
放送:6月5日(月)21:30〜21:55
再放送:6月12日(月)11:30〜11:55
※NHK総合は6月7日(水)10:15〜10:40

第2回「古地図と歩く城下町」
放送:6月12日(月)21:30~21:55
再放送:6月19日(月)11:30~11:55
※NHK総合は6月14日(水)10:15~10:40予定
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

DSC_8353

みてね☺︎

小笠原氏の城へ

DSC_2131

緑と青、風と音。
この季節の松本はホントに心地よいなあ!

すばらしい城たちに登れ、たのしい1日でした。

長野県松本市の林大城、林小城、桐原城を。
井川城にも立ち寄りました。

小笠原氏の城には惹かれるものがあります。
行き直したいなあ、学びたいなあ、ということで。
小笠原氏の城というと到達点は桐原城のような気がしていて、
見ごたえという意味で5城のうちどれか1つとなると桐原城になるのですが、
やっぱり私は山家城が好きです。

また行こ。

 

DSC_1704 DSC_1731 DSC_1804DSC_1836 DSC_1931 DSC_1861   DSC_1873 DSC_1895 DSC_1926

 

DSC_1955 DSC_1957 DSC_1977 DSC_2018 DSC_2025 DSC_2021  DSC_2030 DSC_2058 DSC_2067 DSC_2074 DSC_2106 DSC_2113 DSC_2128 DSC_2124 DSC_2130

 

MacFAN7月号に

IMG_2073

MacFANという雑誌の7月号に登場。
たいして使いこなしてもいないFieldAccessを語っております。

iPhoneの画面を見られるのは、
部屋を見られたときと同じくらいの恥ずかしさがありますね。

EX予約とANAとJALには本当にお世話になってます。
便利な世の中になったもんです!

ぎふ「信長の城」サミット お知らせ

C8eq8TkUwAAGb_8

2017年7月29日(土)、30日(日)に、
岐阜城山上石垣整備推進協議会さま主催、
岐阜城築城450年記念 ぎふ「信長の城」サミットが開催されます。

わたくしも、29日(土)に講演とトークショーで登壇させていただきます。

トークショーでご一緒するのは、三浦正幸先生、クリスグレンさん、藤波辰爾さん。
…なんだ、この濃いメンバーは(笑)!
あんまりしゃべらなくていいやつですね(笑)

三浦先生とクリスさんが一緒なら安心。
藤波辰爾さんと会えるのがかなり楽しみです。ふふ。

詳細・チケットご購入はこちら→