城メグリスト

萩原さちこのプロフィール

城郭ライター、編集者。小学2年生で城に魅せられる。著書「わくわく城めぐり」(山と渓谷社)「日本100名城めぐりの旅」(学研)「お城へ行こう!」(岩波書店)「図説・戦う城の科学」(サイエンス・アイ新書)ほか。共著、連載多数。メディア・イベント出演、講演、講座のほか、城フェス実行委員長もしています。
城メグ日記は、お城のあれこれから関係ないことまで語る、萩原さちこのblogです。

●詳しいプロフィールはこちら

城メグリストのサイト

城メグリスト

●お仕事実績はこちら

アーカイブ


米子城イベント情報②

山城サミット安来大会の前日、
2018年9月22日(土)は「米子城・尾高城1日バスツアー」開催。
山城サミット安来大会にお越しの方はぜひ。
尾高城もおもしろいよ!山城サミットも来てね!

宰相殿のカラ弁当!気になりすぎる。。。

申し込みは合同会社ネギマン観光社さんへ。

 

米子城イベント情報①

2018年11月11日(日)13:00〜、米子市公会堂にて米子城シンポジウムがあります。
出演は、中井均先生、春風亭昇太師匠、そして萩原さちこです。

前日11月10日(土)は「米子城下町フェスタ」開催。
中井先生&萩原と一緒に米子城歩きイベントもあります。

米子城は本当にすばらしい城です。
楽しみー!

申し込み、詳細は開示されたらまたお知らせします。

 

江戸川区立中央図書館で講座

8月21日(火)11:00〜12:30、
江戸川区立中央図書館で講座があります。
夏休み中のみなさんもぜひ。

 

 

朝日新聞デジタル&TRAVEL「世界遺産・長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」

朝日新聞デジタル&TRAVELの連載「城旅へようこそ」、
「世界遺産・長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」を取り上げた全3回が掲載されました。

なぜキリシタン迫害に至ったか、とかまで言及できればおもしろかったなと思いつつ、
私に与えられてしまう制約の中では、まあこんなもんだ。
いずれの糧に。。日々是精進。

どこまでアウトプットできるかは別の課題として。
地道に取材して、粛々と書く仕事を増やしたい。
スキルを磨くのはもちろんのこと、
人が費やさないところに時間と労力を割いて、
人が小手先ではできないこと、先につながるものや意義があるものにこだわって書いていきたい。

などと改めて思ったのでありました。
儲からないけどな!

毎週月曜日更新、無料です。
こちらからぜひ→

 

鮎ぞうすいと岐阜城

 

昨日の岐阜城でのお仕事、
ランチは鵜匠さんが経営されているお店で、鮎ぞうすいをご馳走になりました。

 

鵜が放し飼い!はじめて至近距離で見た!おいしい!

 

この写真、とても気に入ってます。長良川越しの岐阜城!

報道にあった鵜飼への豪雨の影響、
観光船のルートは今月末には復旧見込みとのこと(鵜飼にはまったく問題なし)。
岐阜城に被害はありません。

訪れられるところには訪れて、お金と元気を置いてきましょうぞ。

 

ぎふチャン「柴橋市長と巡る!岐阜城ツアーズ」

灼熱の岐阜城から、見事な半目でこんにちは。

ぎふチャン 岐阜市広報テレビ番組:あなたの街から岐阜市
「柴橋市長と巡る!岐阜城ツアーズ」
8/17と9/7、ONAIRです。

岐阜のみなさんご覧あれ。

ご一緒した柴橋正直市長&小原佳代子アナウンサーと☺︎
市民のみなさんへ、岐阜城の魅力と価値を
私なりに伝えられていればよいなと思います。

岐阜城は先の中腹の石垣の発見に続き、
秋にも発掘調査が控えています。
今秋と来冬には、私も出演させていただく予定のフォーラムもありますよ。

たのしみだ!

 

*番組はYouTubeでも見られるそうです。

 

毎日

自然の恐ろしさに震えつつ、されど自然は美しい。

愛知→大阪→奈良→京都→滋賀→三重→岐阜とぐるぐる中。

どこも暑い。
しかし、どこもやさしく美しい。
どの町にも、普通の平穏な毎日が約束されてほしいなと思います。

水分補給できていない人や眠れていない人がいるのではと思いながら、何もできない無力さよ。。
連絡が取れたり状況がわかってきて、少し安心しています。
引き続き、安全第一、健康第一で。

中日文化センターさんの連続講座にはじまり、
道新観光さんのツアーに同行。からの岐阜。
体温より高い日々、さすがの私もビミョーに頭が痛くなったり。
気をつけましょ。

 

本佐倉城へ

本佐倉城を解説した1日。
江東区砂町文化センターさんの連続講座、今日は現地見学でした。

人けのなかった城に人がたくさんいて感激!
猛暑に負けず、ボランティアガイドさんも大活躍。
そして、草木が減り見やすくなっていて感動!
市と地元のみなさんありがとう。

見えるようになると、城の印象もだいぶ変わりますね。
写真は、とりわけ露わになっていたセッテイ西側の空堀!
セッテイは外郭の拡張とともに増強して動線を設定したもの、と私は解釈している。
内紛を乗り越えた千葉氏独自の緊張感が頭をよぎりつつも、、、感じずにいられない北条臭。
いろいろあれこれ考えていくと、そもそも北条の城の定義がわからなくなりますな。
そんなもんないのかもしれんけど、傾向というかね。

先月は同じ受講生と菅谷館を歩いたんですが、その日もえらい快晴で。
みなさん暑い中がんばって歩き、
熱心に聞いてくださりありがたい限りです。
今日のビールはうまかろう。
水分を取って、ゆっくり休んでくださいね。

 

備中松山城ロケ2days

備中松山城。
9年ぶりの再会が叶い、4年ぶりに大松山まで歩き、
3年ぶりに雲海鍋を食べ、2年ぶりに大池を見て、
はじめて雲海カレーを食しました。

何度訪れてもすばらしい城と城下町。
あれこれ思い出深くもありつつ、
はじめて聞くこと、知ること、感じたことがたくさん。
楽しく刺激的なロケ2daysでありました☺︎☺︎☺︎

ありがとうございました!

帰って粛々と、私も自分のすべきことをがんばるぞ、と。

ちなみに、かつて備中松山城を紹介しすぎて
高梁市との癒着を疑われましたが、
そのような黒い事実はありません。

 

村上水軍の城

ぐるぐる。ずっと見てられる☺︎

明日は甘崎城、明後日は能島城へ。
楽しみであります。

 

 

 

トップの写真は来島城から。

来島城すばらしかった!!